清原氏の元妻・亜希 次男の豪快弁当に「食べたい茶色おかずいっぱい」「茶色いのに旨そう」

26 エンタメ
26

 元プロ野球選手・清原和博氏(54)の元妻でモデルの亜希が17日、インスタグラムを更新。高校生の次男(16)のために作った手作り弁当の写真を投稿した。

 弁当作り中にここ最近悩まされてきたと思われる蚊に遭遇し、思いっきりパチンと叩いたところ、簡単にかわされてしまったことを明かした亜希。「いやいやこの敗北感たら…その時感じた自分の力み…今まで力んでいいことってあったかな?」と反省し、この日の弁当を「#力んだらあかんて弁当」と命名していた。

 豪快サイズのアルミの弁当箱には、れんこんのはさみ揚げ、きのこ・こんにゃく・豚肉・玉ねぎのソテー、ゆで卵半分、野沢菜漬け、梅干し、白米がたっぷり。カラフルな“インスタ映え”とは一線を画す、本当に食べたい“茶色弁当”となっている。

 フォロワーからは「どうやったらこんな美味しそうなお弁当が作れるんだろう」「食べたい茶色のおかずがいっぱい!!」「あきさんのお弁当は緑が過剰に入ってなくて安心」「茶色弁当、娘の弁当に真似させてもらってます!!」「毎回毎回茶色いのに旨そうなお弁当」「美味しいものは茶色ですよね いつも参考にさせて頂いてます」などのコメントが寄せられている。

 亜希は2014年9月に清原氏と離婚。慶應大学1年生で野球部の長男・正吾君(19)と次男を育てている。

引用元URL: https://news.yahoo.co.jp/articles/828273164c3e4df11e60421e84a6925a6b81401e
記事提供元:https://www.daily.co.jp/

みんなの反応

llz*****

男子はキラキラしなくて良いんです!茶色は黄金色の弁当ですよ。とは言えキチンと根菜やキノコが入っていたり栄養面も。いつも素敵な母ちゃん弁当です!

zik*****

うちの息子は小学2年生でかなり少食もっと食べてくれと言っても余り食べてくれない心配だが中、高生になるとこんなに食べるのか40才の時の子供、死ぬまで働かないと

miko

お弁当の中身は、配色を考えて、赤、黄、緑、茶色の献立を考えようと努力するけれど、結局、好物は、茶色の献立である。でも、亜希さん作のお弁当は、茶色中心の中に、アクセントとして赤、黄、緑色が入っていて、素敵な配色のお弁当になっている。そして、このボリューム感!美味しそう!

mar*****

ウチの息子も高校生くらいになると、質より量、色よりカロリーが重要になってくるのかなそれはそれで作り甲斐があるのかも☆

axe*****

茶色いのに美味そうというか、美味しいものって茶色が多いよね。唐揚げ、ハンバーグ、ミートボール、カレー・・・

sok*****

見た目どうこうより、これはこれで育ち盛りの男の子が食べるには最高じゃないですか。ボリュームがあってものすごく豪快な感じ。

tor*****

緑も黄色も赤もあるけどどういうことですか?

sak*****

私はこのおかずの3分の1で白米を食べます、このようなおかずは見た目で味が濃く白米が失くなれば全部食べずに残すでしょう。昭和時代の青年

コメントするとコメント数が減るのはなぜ?

当然だよね茶色って醤油の色で、焼いたものの色でおいしいに決まってます

poko

こういうお弁当、大好きです。

コメント